動きを軽くする解決策(その6)

  今まではデータ量を減らす方法を述べてきましたが、
  データ量を減らさずに動きを軽くする方法を紹介します。

────────────────────────────────

□ページの利用
・作業時
  動きが重く不快感を覚えるのは、画面の移動(オービットやパン)
  の時が多いので、作業しやすいアングルを事前にシーン保存しておき
  画面の移動にはオービットやパンを使わず、シーンで移動する。

・プレゼン時
  見せたい場面を事前に順にシーン保存しておき、シーンの切り替えで
  説明する。

────────────────────────────────

□グループ及び非表示の利用
データが重いというのは全体が大きいときなので、
作業する部分だけを仮グループ化して、そのグループの中に入り
グループ以外が非表示の状態で作業すると軽い。

────────────────────────────────

□その他
・影がついていると当然ですが重くなります。
 影はオフにして作業しましょう。
・突然重くなるときがあります。そのときは再起動。
・SketchUpを二重に立ち上げると極端に重くなります。
 コピー&ペーストのときも一旦閉じてやったほうが動きが良いです。
・最後、どうやっても重いときはハードの見直し
 (メモリの増設やパソコンの買い替え)を考えましょう・・・
[PR]
by yy__18 | 2007-06-11 23:14 | SketchUpWeb講座


<< 保険 動きを軽くする解決策(その5) >>